« SKE48 19thシングル「チキンLINE」劇場盤 完売状況 | トップページ | 記事更新一時休止のお知らせ »

2016年11月25日 (金)

SKE48 20thシングル「金の愛、銀の愛」劇場盤 完売状況

« SKE48 19thシングル「チキンLINE」劇場盤 完売状況 | トップページ | 記事更新一時休止のお知らせ »

劇場盤 完売状況 SKE48」カテゴリの記事

コメント

疑問
なぜこんなに完売が多いのに売上枚数が激減してるんですかね?
通常盤の落ち込みだけでは説明がつきません。

(名無し)さん?コメントありがとうございます。
疑問の件、概要を纏めてみました

チキンLINE
オリコン累計365千枚:うち通常盤試算値94千枚、劇場盤試算値271千枚
個握完売状況:総部数956.4部、完売380.7部、極少8.8部、非完売極少無567.0部(同販売率計算値27%)

金の愛、銀の愛
オリコン累計324千枚:うち通常盤試算値70千枚、劇場盤試算値254千枚
個握完売状況:総部数896.4部、完売403.6部、極少10.8部、非完売極少無482.1部(同販売率計算値20%)

「なぜ完売は相応に多いのに売り上げ激減しているのか?」
その乖離について要因はよくわかりませんが、可能性を妄想すると、以下の様な感じです・・・

①「金の愛、銀の愛」の通常盤は試算値よりもっと少なく、劇場盤は試算値よりもっと多い
 仮に非完売極少無部の販売率が前回計算値(27%)並みだったと仮定した場合、
 通常盤52千枚、劇場盤272千枚となります・・・

②5次各締切間際の申込画面上の完売表示に「実際には注文・発送に至らないもの」が相当数紛れており、
 結果、完売部数が水増しされて集計されている。且つその割合が前作に比べて多かった
 SKEの5次(先着順申込)システムに精通しているわけではないのですが、
 例えば「カートに入れただけで、申込画面上で完売表示になる」とか、
 「決済画面まで進むと未決済でも、申込画面上で完売表示になる」とか、
 「コンビニ払い等での申込後の決済忘れ」とか、「所謂空注文」とか等々・・・

チキンLINEの27%も相当怪しいですよね
このくらい売ってたら非完売部は最低でも60%くらいになってる感覚
完売しているところの隣の部は60-90%くらいあると思うので
20%でも27%でももし仮にAKBみたいな香盤表があったら非完売部の半分が抽選なしになってしまうw

完売部数があきらかに多いと自分もおもいますね。
決済忘れでも完売表示が戻らないってことですかね
確かに5次以降の完売部数が減らな過ぎのような気がします

すみません、今更な話ですがコメントさせていただきます
実は既に一年前ほどに下書きは出来てたのですが投稿するのを忘れていたのを発見しましたので

この金の愛、銀の愛と前作チキンLINEとの完売表との比較で、もしや完売数が増えた理由について思い当たる節がありました
まず金銀では前作から柴田と加藤の卒業で-35部、これを惣田・古畑・大場・その他などが頑張り完売数を伸ばしたことで
見かけ上の完売数ではその穴を埋めたと言えます

そして増えた約23部、これは割り当て部数の最適化によるものではないかと推測します
具体的に名前を出すのは心苦しいのですが、東・野口・竹内舞・北川綾などは部数が減ったことで
前作と同じくらいの売上枚数でも、見かけ上の完売数が各々3部以上増えたのではないかという可能性があると思われます
そして高柳も、もともと二会場には参加せず代わりにライブハウスを借りて単独での握手会
このため部数が35部から30部になったため、上記のような理由で完売数が4部増えたのではないかと考えることができます

しかし実際には前作から3~4万枚減なので、柴田と加藤の卒業の穴は埋められたように見えても
結局、金銀リリースの頃は彼女たちの穴はそっくり空いてたままだったのでしょう

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SKE48 20thシングル「金の愛、銀の愛」劇場盤 完売状況:

« SKE48 19thシングル「チキンLINE」劇場盤 完売状況 | トップページ | 記事更新一時休止のお知らせ »